ちょっとした社会勉強

わたしは20歳の時に一度だけキャバクラの体験入店に行ったことがあります。
わたしはお酒を飲むのが好きだったしお酒が入れば誰とでも上手くお話しができる自信があったので、友達と一緒に軽いノリでおこづかい稼ぎとちょっとした社会勉強という感覚で行ってみようということになりました。
ドレスを着て髪の毛もセットしてもらって鏡の前にいるのはいつもとは違う自分で、わたしでもキャバ嬢みたいになれるもんだなぁとなんだか不思議な気持ちになりました。着替えが終わり入店して早速お客様がいらっしゃって隣に座ってとボーイに指示されついに仕事デビュー。ドキドキでした。
ただ隣に座っておしゃべりするだけではなくお酒をついだりグラスの水滴をふいたり灰皿を換えたりとやらなければいけない事が意外とたくさんあり大変だなあと思いました。お客様に芸能界に興味ない?とスカウトされたと思い少し嬉しく思っていたのですが、後でもらった名刺をネットで調べてみると怪しい系の会社で焦ったという思い出もあります。体験入店するまでキャバ嬢なんてとりあえずニコニコしてれば良いんでしょと思っていましたが、ずっと気を遣っていないといけないしたまに変なおじさんも来たりするのでとても大変な仕事だなと思いました。ナンバーワンの人は可愛いだけでなく気遣いもすごくおしゃべりも上手くすごく尊敬しました。
女の子なら一度は体験入店をしてみる事をおすすめします。

キャバクラ体験はこちらから

自分のいびきがそんなにスゴイと知らなかったゆえの失敗体験

私は自分のいびきがすごいという自覚がありませんでした。いつも角部屋に一人の私は人にいびきを聞かれることもなく、一人でいたので「いびきがうるさい」と叱られたことが無かったのです。だからてっきり自分はいびきをかかないタイプと思い込んでいました。私は自分への自覚が足りなかったのです。このせいで彼氏とのお泊まりのときに彼をドン引きさせてしまったのでした。
私はこの日初めて彼の部屋でお泊まりしたのです。ドキドキしながら彼の部屋で一泊したのですがそのときに自分がいびきをかくなんて思っていませんでした。だから彼よりも先に眠ってしまいました。私はそのまま朝までぐっすりだったのですが、朝起きたら彼が私よりも先に起きていてぐったりしていたのです。心配になって理由を聞いてから私のいびきのせいで彼が眠れていないことを知りました。
これって思ったよりショックでしたよ。だって彼氏の眠りを妨害するほどのいびきを自分がかいていることを初めて知ったのです。もし知っていたらこんな失態侵しませんでした。彼より先に眠るなんてしなかっただろうし、そもそも彼と一泊するだなんてことしなかったと思います。この出来事のせいで彼は私への気持ちが冷めてしまって、数か月後にお別れされました。これ以後家族に確認してものすごいいびきをかいていると自覚した私はこのいびきに悩んでいます。このままじゃ一生彼氏なんてできないかもしれません。

こちらもおすすめ。

はじめまして。

皆さん、はじめまして。

 

僕は名古屋に在住の32歳、平凡なサラリーマンです。

今は転勤で名古屋に来ているのですが、友達もいないので休日はとても退屈です。

 

家でただぼーっとしているのも暇なので、ブログを始めてみようと思います。

 

無料ブログでも良かったのですが、なんか広告とか鬱陶しいのでワードプレスで作ってみました。

 

初めてのワードプレスで結構難しいのですが、これから色々と慣れていって便利なプラグインとか入れられたらなって思ってます。

 

ブログのテーマですが、基本的に気になったことは何でも書いていきたいと思っています。

 

そんなに何かに詳しいわけでは無いので、色々な話題に触れながら、出来れば有益な情報をお届け出来ればと思います。

 

皆様どうか、よろしくお願いいたします。