自分のいびきがそんなにスゴイと知らなかったゆえの失敗体験

私は自分のいびきがすごいという自覚がありませんでした。いつも角部屋に一人の私は人にいびきを聞かれることもなく、一人でいたので「いびきがうるさい」と叱られたことが無かったのです。だからてっきり自分はいびきをかかないタイプと思い込んでいました。私は自分への自覚が足りなかったのです。このせいで彼氏とのお泊まりのときに彼をドン引きさせてしまったのでした。
私はこの日初めて彼の部屋でお泊まりしたのです。ドキドキしながら彼の部屋で一泊したのですがそのときに自分がいびきをかくなんて思っていませんでした。だから彼よりも先に眠ってしまいました。私はそのまま朝までぐっすりだったのですが、朝起きたら彼が私よりも先に起きていてぐったりしていたのです。心配になって理由を聞いてから私のいびきのせいで彼が眠れていないことを知りました。
これって思ったよりショックでしたよ。だって彼氏の眠りを妨害するほどのいびきを自分がかいていることを初めて知ったのです。もし知っていたらこんな失態侵しませんでした。彼より先に眠るなんてしなかっただろうし、そもそも彼と一泊するだなんてことしなかったと思います。この出来事のせいで彼は私への気持ちが冷めてしまって、数か月後にお別れされました。これ以後家族に確認してものすごいいびきをかいていると自覚した私はこのいびきに悩んでいます。このままじゃ一生彼氏なんてできないかもしれません。

こちらもおすすめ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です