羞恥心と痛みとの戦い

レーザー脱毛を体験したことがあるのですが、結局、即効性はなく、自分で剃らないといけないし、剃り跡が痒くなったりもするので、ブラジリアンワックスにチャレンジしてみました。ブラジリアンワックスはある程度の長さが必要です。かといって、長過ぎてもダメなようです。V部分は寝転んで、I部分は仰向けで片膝を、たてた状態で片足だけひらいて行います。Oの部分はうつ伏せで片方ずつ、お尻を開かれます。エステティシャンの方は慣れているでしょうが羞恥心との戦いが始まります。人肌程度の暖かさのワックスを塗られてばりっと脱毛されます。そして冷やされます。私はばりっといった時よりも冷却の方が痛みを感じました。ブラジリアンワックスは無毛になります。本当にツルツルになるので夏場の水着を着る時期にレーザー脱毛が間に合わない場合は、ベストな選択になると思います。また、レーザー脱毛の場合は色素沈着があるとかなり痛くなるようですが、ブラジリアンワックスで角質などを落としておくとレーザーのあたりもよくなるし、ある程度繰り返すと、自己処理回数も減って、色素沈着が緩和されるので、レーザー前にブラジリアンワックスでツルツルにしておく、というのもいい方法かもしれません。

こちらのサイトもおすすめ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です