マイダーツは慣れと癖で決めろ

私のマイダーツは、ロングのストレートバレルにフィットの6番を合わせたロングダーツです。
ある程度ダーツを投げられる方は私のダーツを見ると投げにくそう、と言って実際に投げると飛ばしにくい、気持ち悪いと言います。
ストレートバレルはダーツの基礎を覚えやすい作りになっています。また、グリップ位置が決まってないのでどこでも持てます。テーパー(角度)があるとそこを親指にのせがちですがストレートバレルにはテーパーがないため自然と自分の癖で握るようになります。
私はバレルのかなり先端の方をもちます。ダーツをはじめたときからずっと同じバレルで投げていますが持つ位置はかなり変わりました。最初は真ん中をもっていましたが後から後ろを持つようになり、最近では前を持つようになりました。
変えるときは決まって調子が悪いときもしくはイップスに陥った時でした。
気分の問題もあるとは思いますが飛ばしにくいダーツを無理矢理飛ばしている感覚になってくるので別のところを持ってみてその時一番脱力して投げやすいところを持つようになったのがグリップ位置変更のきっかけでした。
ロングダーツなのでかなり放射線を描く飛び方になります。フライトにもよりますがシェイプだとそれなりに真っ直ぐ飛びますがスタンダードだとかなり落ちます。今はスタンダードを使っていますがフライトはデザインで決めています。

トルピードじゃないと投げにくいという人もイップス対策兼基本の振り返りがいつでもできるのでストレートバレルを持っておくことをおすすめします。

 

ダーツアイテムはコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です